自治会で地獄を見た。その1・・・リタイア後は町内会の無い所に住みたい

自治会の役が回ってきた

私は賃貸に住んでいます。賃貸住宅は、大家が自治会に入っている事でその店子は自治会に入らなくてもOKの所が多いのですが、私の住んでいる所はUR賃貸で、規模も大きいためマンション内で1つの自治会として自治会が存在します。
自治会の役員は持ち回りなのですが、とうとう今年度に順番が回ってきてしまいました。
就職して実家を出てから二十余年、地域活動というも似に全く興味が無かったのですが、まあ、リタイアのため家を購入したら多少は自治会活動にも参加する必要があるかと考え、その勉強もかねて軽い気持ちで参加しましたが、それが大間違いでした。

役員に求められる負担がやたら多い

他の自治会の活動は良く分からないのですが、役員に求められる負担は想像以上でした。
一例をあげると、

  • ゴミ庫の開け閉め・・・毎朝7時にゴミ庫を開ける
  • 駐輪場の管理・・・・・全戸で1200台ある駐輪場の使用申請や違法駐輪の管理
  • 福祉活動・・・・・・・地域の老人ホームでのボランティア活動。平日です。
  • 集会室管理・・・・・・自治会室を地域住民に貸し出しているためその管理
  • 掲示・・・・・・・・・毎月、県・市から来る自治体の便りを全戸に配る(600戸)
  • 防犯/交通・・・・・・月数回の夜回り。警察で開かれる地域安全集会の参加(平日)
  • 自治会4役・・・・・・会長/副会長/会計/書記

この他、夏の祭り、冬の餅つき大会の企画運営など。

なんだこれ!
そもそもゴミ庫の管理とか、駐輪場の管理は管理会社(この場合はUR)の仕事でしょう。自治体の便りを配布するのはそれぞれの地方自治体の仕事だろうし、ボランティア活動も強制ではなく、やりたい人がやればいいだけだろうと思いますし。

決まらない役割分担

そして先日、新役員で前述の自治体の活動分担を決めるという事で前期の役員からお呼びがかかり、集会に参加してきましたが、これがまたトラウマになりそうなぐらいひどいものでした。

筆が重いので次回に記載予定です・・・