明日から使って会社を休もう-有給休暇取得術

辞める前に有給消化

昨日は会社の辞める時期について考えてみましたが、辞める前に必ず消化しておきたいのが有給休暇。

とはいえみんななかなか消化させてもらえないのが有給休暇。労働者の権利、有給休暇。嗚呼憧れの有給休暇。

今回はいかに会社を辞める前に有給休暇を取得すれがいいのかその取り方を考えてみましょう。

突発事象編

いわゆる不可抗力というやつです。

これを使われると大抵の上司は認めざるを得ません。

■風邪で熱がある。
突発有給の横綱です。

前日からマスクをして会社に出勤し、帰り際に「少し熱があるようなので、きょうは早く帰ります」と言って定時で上がっておけば伏線はOKです。ただし気をつけなければいけないのは、インフルエンザなどが流行ってる冬場にこの手を使うと、「医者に行ってインフルエンザの検査をしてもらえ。」を病院に行かざるを得ない状況に追い込まれる事も。

■おなかが/頭/歯が痛い
冬場インフルエンザが流行っている時期に突発で休むならこれです。

いずれも自己申告で外から見て本人の状態がわからないのがポイントです。

■嫁/子供が体調不良で病院に連れていく。
ひとり者には許されない家族持ちに使える技です。

■親戚(おじ、おば)などが亡くなった
弔事は慶事と違い突然に訪れますので、朝起きて会社に行くのがだるくなった時でも使えます。弔事を理由にされると「そんな事で休むんかい!」とは言えません。

気をつけるべき事は、間違えて親兄弟を殺してしまうと上司が参列すると言い出したりしますし、一回殺した人をもう一回殺したりすると何人親戚がおるねん。と突っ込みが入ったりします。

私の学生自体のバイト先には、親戚を30人は殺してるおっさんがいました。

実家が火事
私が使ったいいわけです。

いや、いいわけというか、本当に火事だったんですけど。

その時は本当に大変でしたが、火災保険ですべて賄え、築40年以上で資産価値ゼロだった実家が新築になりました。いいわけとしては一生に一回ぐらいしか使えません。

計画消化編

計画的に有給を消化するのに理由はいらないはずなのですが、なぜか理由をつけないと悪い気がしてしまうのが日本人の悪いところです。

ですが理由があれば休みやすいので考えて、言うだけ言ってみましょう。

■田舎の親戚/友人の結婚式に参加する
結婚式は大抵休日にありますので、田舎のをつけて前入りが必要な事をアピールして休暇を取ります。

■役所に行く
免許の更新、確定申告などで役所に行く必要があるときに使えるいいわけです。

会社近くに住んでたりすると休み時間に行けてしまうので、遠距離通勤している人が比較的使いやすい言い訳わけです。

■エアコンの取り付け、水漏れの修理、大型家具が届くなどで立ち合いが必要
一人暮らしなら割と使えるいいわけです。

逆に結婚してると嫁さんに任せろと言われてしまいます。

嫁さんに任せろと言われたら、「いや、うちは嫁さんの方が稼いでるので自分は家計の助けに働いてるだけです」とさりげなく自社の薄給をdisりましょう。

長期休暇編

がっつり休みたい場合は次のような理由が使えます。

いずれも私が部下にやられましたので実用として使える事は保障します。

■家族が海外ウェディングを挙げるので
兄弟がいる人はぜひ使ってみましょう。ハワイあたりなら4,5日、ヨーロッパなら1週間ぐらいはイケそうです。

ただしあまり年食ってくると結婚するような兄弟もいないので使えない手です。

■親が倒れて介護する
逆に年食ってきて、親が健在なら使えます。ただし上司に介護の経験があると、親切心からアドバイスしてあげようと、根掘り葉掘り聞かれてぼろが出る可能性も。

■ぎっくり腰で動けない
これ、最強です。

ぎっくり腰は完全に自己申告の症状ですので、まずばれません。

医者に行っても仮病だとばれないので、診断書もくれます。外からはどれぐらい痛いかわからないので医者によっては診断書を書くときに「どれぐらい休みたい?」と聞いてくる医者すらいます。

私はこれで、部下に2週間休まれて死ぬ思いをしました。

とまあ、いろいろと理由を駆使すれば休む事が出来ます。

ただ休みの報告を受ける側は何となく本当か嘘かは判るもので(なんででしょう。不思議です)そういうやつからの休みの連絡があった場合は、みんなに周知するときにこう言っています。

「○○は、いつものアレで休みだって。」

まあ、これぐらいまでにやると、あいつはそういう奴だから仕方ないとなるので、楽なのですが。

最後に今まで報告を受けた有給取得の理由の中で珍しい理由を番外編として挙げておきます。

番外編

飼っている犬が死んだ(部下A:いや、気持ちはわけるけど、来いよ。)
き○たまが腫れた(部下B:ちなみに本当に精巣癌でした。笑いごとではない)
家に泥棒が入った(部下C:まあ、しょうがないか・・ほんとなら)
隣が火事になった(部下D:となりなら、これるよね?無理?)
電車が止まって遅刻確実なのでこのまま休む(部下E:来いよ!!)
寝坊した。ついては遅刻扱いになるぐらいなら有給を取得する(部下F:すがすがしいクズっぷり)
お化けが出た(ビートたけし:さすがです)