節税

エッセイ

年間15万円以上運用会社に払っていた

一昨日、日本債券クラスのファンドが信託報酬負けして期待リターンがマイナスになるかもということに思い至りましたが、他のファンドも合わせ、総額でどのくらい運用会社に手数料を払っているのか、気になってしまい一度計算して見る事にしました。
税金

iDeCoを最大限に活用する方法を検討

本日会社から帰ってポストを見ると国民年金基金連合会から、個人型年金加入確認通知書が届いていました。これを所得控除として活用するだけでなく、もっと効率よく活用するにはどうすればいいか考えてみました。
資金計画

配当金生活に勝たなくてもいいので税金は払いたくない

配当金生活に勝たなくてもいいので税金は払いたくない 3日にわたって、インデックスファンド売却生活と、配当金生活のどちらが税制的に有利か検証しました。その結果どうやらインデックスファンド売却生活の負けのようです。 ...
資金計画

補足-「インデックスファンド売却生活VS配当金生活」

インデックス投資家である私が、配当金でのリタイア生活より、インデックファンドを取り崩してのリタイア生活の方が有利ですね。と書こうとして調査の結果、逆の結論を導き出してしまった昨晩の記事ですが、いくつか補足する必要があるなと思いましたので本日はさらに続きになります。
資金計画

意外な結論!?「インデックスファンド売却生活VS配当金生活」

前回は3%で成長するインデックスファンドと3%の配当利回りがある株式ではどちらがアーリーリタイア者にとって有利であるかの考察を行いました。今回はその続きです。 前回は配当金生活の方が税金が毎年300万円のうち20%取られて260万円しか手元に残らないのに比較して、インデックスファンド売却の方は300万円のうち元本部分はわずかであるので、初年度は手元に298万円残るという論理で、インデックスファンド売却が有利という論を展開しました。今回はここに配当控除を考えていきます。
資金計画

3%成長するインデックスファンドと3%の配当がある株どちらが有利か

私は今現在はリスク資産の多くをインデックスファンドで運用しており、その想定利回りをだいたい3%程度と予測しています。 購入しているインデックスファンドはなるべく配当込みの指数をベンチマークとし、分配金をあまり出さないものをセレクトしていますので、生活費に充てる際は、必要分だけ売却して現金化するという事になります。
Advertisements