資産が1億円になっても会社を辞められない

資産が1億円になっても会社を辞められない

今は2017年6月30日、日経平均の29日の終値は20220円30銭、NY株式市場のダウ平均は今現在は昨日より少し下がっていますが、21316ドルでおおむね好調を維持しています。円相場は、112円近辺でこれもここ数年からみれば高くも安くもないというような状態でしょうか。こういった市場状況ですから、インデックス投資を行っている私の資産状況は好調・不調かと問われれば、好調と言ってよく、このままいけば目標である2020年3月末までに1億円という目標は1年以上前倒しで達成できそうな勢いです。

記事を読む

国内債券の積み立てを止める

国内債券の積み立てを止める

マイナス金利政策で国内債券に旨み無し かねてより懸案事項であった、国内債券クラスの以下のインデックスファンドの積み立てを止めました。 <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド 停止の理由は今後数年は日本のマイ...

記事を読む

従業員持株会のメリット、デメリットー実はもう売ってしまいたい

従業員持株会のメリット、デメリットー実はもう売ってしまいたい

私は従業員持ち株会に入っています。持ち株会に入ることになった理由は会社のIPO時に大儲けした同期がいた事です。その同期の尻馬に乗って始めた持ち株会、ずっと含み損の時期が長かったのですが、最近ようやく利が乗り始めたので、今一度そのメリットとデメリットについて整理しておきたいと思います。

記事を読む

住民税の通知が来たのでふるさと納税の還付の確認

住民税の通知が来たのでふるさと納税の還付の確認

会社から住民税特別税収税額通知書を貰いました。毎年の事なのですが税額の確認をしました。ここ数年重要なのは、きちんとふるさと納税の分が引かれているかどうかです。一昨年まではちゃんと還付されているか非常に分かりにくかったのですが、去年からは、通知書の摘要欄にきちんとふるさと納税分が記載されてわかりやすくなっています。

記事を読む

NO IMAGE

Facebookのアカウントが乗っ取られる!アカウント乗っ取り対策と再発防止

本日、Facebookのアカントが乗っ取られました。 幸いにもすぐに気付いて対策を講じたので大きな被害はありませんでしたが油断していると大変なことになると思いましたので、注意喚起で記事にします。 先に結論から言うと注意するべき点は当たり前ですが、...

記事を読む

2017年6月の資産状況ー賞与入金投資法で前月比プラス・・・・

2017年6月の資産状況ー賞与入金投資法で前月比プラス・・・・

現在の資産状況 月の真ん中の日を〆日にしているわが家の月次のまとめです。 現在の資産状況です。 前回が7316万円、今回が7382万円ですので、増加ペースは変わってません。 と言いたいところですが、資産の増加ペースは変わってい...

記事を読む

尊敬する人は「マルサの女」の権藤社長

尊敬する人は「マルサの女」の権藤社長

権藤社長の名言 伊丹十三監督のマルサの女が公開されたのは、1987年、当時私は高校生でしたが、それを見た私には、その時の敵役である、山崎努が扮する権藤社長のセリフが強烈に印象に残りました。 そのセリフというのは、権藤社長が脱税の疑いで家宅捜索...

記事を読む

米と肉と山用品。本年度2回目のふるさと納税を実行。

米と肉と山用品。本年度2回目のふるさと納税を実行。

本年度2回目のふるさと納税を実行しました。 私のふるさと納税に対するスタンスは、以下のエントリーのように、なるべくオーソドックスで保存がきく物を中心に頼むことにしています。 今回は、米のストックが切れてきた事と、以前に妻が...

記事を読む

WealthNaviに加入して見たが・・・

WealthNaviに加入して見たが・・・

投資blog界隈で話題になっているロボアドバイザー、少し面白そうと思ったので、最低投資金額が30万円の「WealthNaviスタート!キャンペーン」で、WealthNaviに加入して見ました。年間手数料が資産総額の1%とのことで、100万円だったら1万円抜かれるわけですが、30万円だったら3000円ですので、まあ話のタネにという事で投資を決めました。

記事を読む

アーリーリタイアライフを左右する自動運転技術

アーリーリタイアライフを左右する自動運転技術

昨日のエントリでこれからもどんどん生活が良くなっていくと言いましたが、私が最も期待している技術に自動運転があります。 ほんの2,3年前までは夢物語だった完全自動運転が、あと7、8年後の2025年頃には実現するというのです。 この自動運転が実現するかどうかで、人のライフスタイルは劇的に変わると言われています。妄想の域を出ませんが、どんなふうに変わるのか考えてみたいと思います。

記事を読む