資産推移

アーリリタイアに必要な資産1億円の根拠

私のアーリーリタイアのための目標金額は1億円なのですが、
なぜこの金額にしたかというと、1億という数字のインパクトです。
アーリーリタイア生活に入るときは、やはり自分の両親と、
妻の両親あたりは納得させる必要があると思っています。
その時
「貯蓄がそれなりにあり、もうこれ以上稼ぐ必要はないのでリタイアします。」
と言うと、具体的に貯金はどれぐらいあるのかは必ず聞かれるでしょう。
その時、
「~千万円ぐらいです。」というのと、
「1億円以上あります。」というのとでは説得力が違うと思っています。
最近、その目標額が見えてきたのですが実際手が届きそうとなると、
とたんにその額で大丈夫なのかと不安になります。
1億円は大金ですが、年間300万円つづ使うと30年ほどでなくなってしまいます。
もちろん運用することが前提なのですが、リーマン級の株安や、
年金支給額の大幅カット、健康保険の破たんによる医療費の高騰などに耐えられる額なのか?
そんな事を考え出すと、はたしてスパッと辞めれるか?
昔、宝くじが当たった場合どうするか?と聞かれた時、
いつ辞めても良いととなると、適当に仕事をしてどこまでやれば首になるのか試したいと
思った事があったのですが、案外1億円を達成した際にはすぐに会社は辞めず、
文句を言いつつもだらだらと居座り続けるのかもしれません。

という事でこのページはその一億円達成までの資産推移を大体ひと月に1回のペースで記載しておきたいと思います。

またその際の市況や、心境なども追記し不況時の励まし、好況時の戒めとして機能すれば幸いであると考えています。

1億円達成計画

1億円を達成するまで、した後のざっくりとして計画です。

私というか我家の資産積み立てのペースは大体ひと月に40万円程度、1年で500万円を想定しています。そのうち投資に回す予定がひと月当たり30万円を予定しているので、積み立て資産の3/4がリスク資産、1/4が無リスク資産という事になります。債券クラスにも積み立てますので、アセットアロケーションとしてはリスク資産を1/2程度、インデックス投資の期待リターンを6%とするとポートフォリオ全体では3%の期待リターンを目指しています。

1億円達成の暁には税込年間300万円程度リターンがあれば何とかリタイアできるでしょうというのが現在の目論みです。

計算に入っていない物

計算に入っていないのが、退職金です。

我家は共働きですので、現時点(勤続二十数年)で退職した場合2人の退職金の合計は2000万円程度。これは目標額である1億円からは除外しています。したがって1億円突破後リタイアするのであれば、総資金は1億円+2000万円という事になります。
この資金で家を買うのか、もしくは2000万も運用に回して、その収益で賃貸に住むのかまだ決めかねています。今後妻や、両方の実家の状態などを考慮して決めて行くべき課題だと思っています。