2017年6月の資産状況ー賞与入金投資法で前月比プラス・・・・

現在の資産状況

月の真ん中の日を〆日にしているわが家の月次のまとめです。

現在の資産状況です。

前回が7316万円、今回が7382万円ですので、増加ペースは変わってません。
と言いたいところですが、資産の増加ペースは変わっていなくても、その中身はほとんどが夏の賞与です。まだリタイアしていないサラリーマンにのみ許された、入金投資法というやつです。

5月から6月にかけて為替相場、株式相場もほとんど変わっていませんので、元本が増えた分は、ほとんどが給与、賞与によるキャッシュポジションの増加です。

前回からの資産増減と元本増減

1ヶ月の資産増減は+66万円、投資元本の積み増しは賞与入金投資法で+114万円です。
したがって純粋な投資での増分は 66-114=ー48万円です。
6月は5月に次いで、米国株が順調だったので、投資の成績はプラスだと思っていたのですが、実際に集計して見ると48万円のマイナスです。
前回集計時の5/15日は円相場が1ドル113円台だったのですが、現在110円台という事で、円相場が米国の株価上昇分を打ち消しているという感じになってしまっています。イメージだけじゃなくて実際に集計して見る事は大事です。

単純ディーツ法による運用利回り

上記数値を用いて単純ディーツ法を使って1ヶ月間の運用利回りを出してみます。

一ヵ月の平均元本は、

7316+114/2=7373
-48/7373×100=ー0.65%

となって、1ヵ月でー0.65%の利回りとなりました。
過去12ヶ月間の運用利回りを年利換算すると、+7.84%でした。
現金ポジションを入れての総資産に対する利回りですので、インデックス投資としては利回りが良すぎます。いずれやって来るであろう調整局面が怖いです。

妻の資産

現在の妻の個人資産は、おおよそ1400万程度だそうです。先月聞いた時は1350万程度だったので、着実に増やしているようです。ほとんど毎日帰りは23時近く、土曜日も出ていますので、入金投資法で増やしていると思われます。ちょっと体を壊さないか心配です。
また元本200万円程度でインデックス投資をしてますが、私の管理外ですし、誤差の範囲内なのでポートフォリオとアセットアロケーションには参入していません。

サマリ

これにより、資産総額は先月の約8660万円から約8780万と、1億円まであと1220万円と前進しました。リタイア目標の2020年まであと2年6カ月。目標額達成までは月平均40万円の積み上げが必要です。
投資ブログ界隈で株式相場の過熱感が語られるようになっていますので、下落に備えて現金ポジションを維持しつつ目標達成に向かっていきたいです。