尊敬する人は「マルサの女」の権藤社長

権藤社長の名言

伊丹十三監督のマルサの女が公開されたのは、1987年、当時私は高校生でしたが、それを見た私には、その時の敵役である、山崎努が扮する権藤社長のセリフが強烈に印象に残りました。

そのセリフというのは、権藤社長が脱税の疑いで家宅捜索を受け、その時の査察官である花村(津川雅彦)の、どうやったらあんたみたいに金を貯められるか?の問いかけに対する、権藤の答えです。


「金貯めようと思ったらね。花村さん。使わない事だよ。
あんたは葬式があれば1万、結婚式があれば2万と出すだろ。
そんなもん出してちゃ金は残らない。
100万あっても、使えば残らない。
10万しか無くても、使わなければ丸々10残るんだからね。

あんた、今、ぽたぽた落ちてくる水の下にコップを置いて、水、ためてるとするわね。
あんた、喉が渇いたからって、まだ半分しかたまってないのに飲んじゃうだろ?
これ最低だね。
なみなみいっぱいになるのを待って・・・・それでも飲んじゃ駄目だよ。
いっぱいになって・・・・あふれて・・・垂れてくるやつ。
これを・・舐めて・・・・がまんするの。
そうすりゃコップ一杯の水は・・・」


ここで隠し扉が見つかって所得隠しがバレてしまうわけですが、この時の山崎努の怪演とあいまって、金持ちの物の考え方というものに衝撃を受けた事を覚えています。

金持ちになる方法とは

金持ちになるには、特別な極意など必要なく、金を使わない事。それも中途半端ではなく、香典や、祝儀もケチるほどに。
そして貯めた金は途中で消費してしまわずに、それを元本として、金利だけを舐めて我慢する。
コップの水のたとえでは水(元本)が増えてもたれてくる水の量は変わらないですが、金の場合は元本が増えれば垂れてくる水(金利)の量はどんどん増えて行きます。

権藤社長の言葉を聞いて衝撃を受たなら、それから徹底して実践しておけば、かなりの金持ちになれたかもしれませんが、残念ながらそうはいかず、今こうしてくすぶっているわけですが、節約にくじけそうなとき、物欲に負けそうなときは思い出して自分への戒めとしています。