リタイアしたらしたい事ー青春18きっぷの旅

戦場で過去の話ばかりする傷病兵は生き残ることができず、未来の話をする傷病兵は生き残ったと、
元グリンベレーの柘植久慶先生もおっしゃっているので、今の職場の暗い話ではなく、
リタイア後の明るい話をしようと思います。
私は旅行が好きなのですが、なかなか休みが取れない業界ということもあり、
旅行にはなかなか行けません。行けたとしても、3泊4日の国内旅行が関の山で、
海外旅行は3年前に行ったきり。
そんなわけで、リタイアしたらまずは世界一周旅行に旅立とうと思っているのですが、
国内旅行もしたいです。
国内旅行はなんといっても青春18きっぷで思う存分列車の旅がしたいと思っています。
青春18きっぷはいまでも使おうと思えば使えるのですが、生来の貧乏性のため、
青春18きっぷの特徴である当日限り有効を利用して行けるところまで行ってみたいと思っています。
したがってなかなか時間制約のある社会人では利用開始に踏ん切りがつかず、
ずるずると現在に至っています。
青春18きっぷといえばそのポスターのセンスの良さにも定評がありますよね。
このポスターはあくまでもイメージ画像だということはわかっているのですが、何とも旅ごころをくすぐられます。