子供を作らないという選択

はてなブックマークの以下の話題。

特に待機児童に限った話ではないですが、今の日本の制度で子供を作って育てるということが
以下に罰ゲーム的で趣味的かということが良く分かります。
ブックマークコメントで、認可保育園に入れない人は高額所得者なんだから、自分で金払って無認可に入れろと
いう意見もありますが、そもそも高額所得者は高額納税者であり、自分の税金で他人の子の保育園代を負担して
自分は更に高い金を払って劣悪な無認可保育園に入れろという意見に高額納税者が納得できるわけもありません。
これは公金を投入した限りある認可保育園に子供を預けることが出来た人だけが既得権を享受できる制度に
問題があるわけです。
0歳児保育のひと月当たりの補助金額は大体20万円強らしいですのでホントは認可保育園制度などやめて、
保育園は無認可の民間保育園のみにして、全員に月20万円配るのが良いはずです。
そうすれば、それでも働きに出てキャリアを継続したい人は、月20万円払って無認可保育園に子供を預けて働くでしょうし、
それ以外の人は20万円もらって家で育児をするでしょう。
月20万円払ってでもキャリアを継続したい人はそんなにいないでしょうから、無認可の民間保育園保育園のみでも保育園不足は解消するでしょう。
ただ一点、みんなに月20万円配る財源が問題になります。
結局金の問題になるわけです。
現状の日本では最も政治に関心の薄い層が若者から子育て層で、政治家もあまり票田として見ないわけですので、
当分は解消されるはずもなく、特に子供が欲しいと強く願っていない私としては、
子供を作らない選択をしてとっととこのゲームから降りさせてもらいました。
—追記—
ほぼ同じことを考えている人いました。
どうも財源の追加なしで出来そうですが、既得権を持った認可保育園からの抵抗が激しそうですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

↓記事が気に入りましたらクリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

フォローする