リタイア後は資金を取り崩すのか利金で食うのか

自分がアーリリタイアしたら、その資金は、運用に回しつつもそれを取り崩しながら生活するイメージでいました。
ただ最近思うことは、徐々に貯金が減っていく恐怖に耐えられるのかという事。
今は働いて収入を得ていますので、市場で暴落が多少起こっても耐えられますが、
これがリタイア後にリーマンショック並みの暴落が起こり、2000万、3000万の資産の目減りが
起こってもはたして正気でいられるのかの保証はありません。
リーマンショックの時はせいぜい2、300万の損失でしたが、いまやブレグジット級の値下がりでも
それぐらいは平気で上下するぐらいのポートフォリオです。
いまのリタイアプランでは、想定利回りは、税抜きで1.5~2%で、年150万から200程度を運用益で
稼ぎ、年間の生活費は350~400万程度、すなわち、200万から250万は原資を取り崩す予定です。
住む家を除いて1億円になるまで待ってリタイアするつもりですので年金をもらえるまで20年としてそれまでには
半分程度目減り、年金受給後は年100万程度取り崩しつつ生活して90歳で2000万程度残るというプランですが、
想定利回りをかなり低く見つもってリスク回避しているつもりですが、はたして・・・・
本当は想定回り1.5%でも年400万程度稼ぎだして種銭には手をつけないいうのが理想なんですが、
そのためには2億6000万ぐらい必要で、アーリリタイアなどは土台無理な話になってしまします。
そうするともっとリスクをとるか・・・・。タダそいうすれば、暴落ではもっと資産が目減りするでしょうし。
いつまでもぐるぐる回って答えが出ません、
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

↓記事が気に入りましたらクリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

フォローする