2016年8月のアセットアロケーションと資産状況

現在のアセットアロケーション

去年の夏に公開した資産状況から一年以上経過しましたので、現在の状況です。

ほとんど変わり映えありません。
去年から比べると日本株が大きく下落しましたので、日本株の比率が減っています。
逆に、円高にもかかわらず、外国株式、新興国株式の比率は上がってます。
国内債券は、数種類の社債を買ったので5%ほど増えてます。
去年は日本株の比率を下げたいと発言していますが、
期せずして下がりました。

次に資産状況


去年は順調に右肩上がりでしたが、チャイナショックと1月2月の株価急落、円高により、グラフの浮き沈みが激しいです。
去年の7月から1年ちょっとで200万程度しか増えていません。
投資に回した現金はその倍以上ありますので、この1年のパフォーマンスはマイナスです。
まあ、去年までが出来すぎだったのでしょう。
これに妻の個人資産が1200万ほどだそうです。
2020年に嫁さんの資産を含めて1億円の目標はまだ射程範囲内だと思ってます。

妻の個人資産についてはほとんどが普通預金、定期預金、日本国債です。現在これは資産総額にもアセットアロケーションにも入っていません。ただしアーリリタイア資金目標である1億円には組み入れる予定です。現在普通預金、定期預金、日本国債ともにほとんど0%の金利しか付いていませんので、あまり問題にはならないと思いますが、厳密には現金、債券クラスの資産としてポートフォリオに組み入れる必要があると思っています。しかしながら今のところ過去データとの連続性を考えてそのままにしています。

理想ポートフォリオ

私の目指す理想ポートフォリオは以下です。

現金・・・・・・・・35.1%
日本株・・・・・・・9.57%
先進国株式・・・・・29.71%
新興国株式・・・・・2.16%
国内債債券・・・・・23.45%
先進国債券・・・・・2.65%
Jリート・・・・・・0.1%

この比率で過去20年間の実績では平均リターン3.4% リスク7.6%が望めるらしいですが実際にはその時点での効率的フロンティアはわかりませんしあくまでも過去の目安であると思っています。また実際に平均リターンは信託報酬と税金が加味されていませんので理想通りいったとしても、もう少しパフォーマンスは落ちると考えています。

理想ポートフォリオの平均リターン、リスクの算出には、myIndexさんの資産分配ツールを利用させていただいています。