課税回避のため外貨MMFを売却しました

20150523_small.jpg
2016年度からの税制変更に伴い外貨MMFの売却益が課税対象となります。
私は、インデックスファンドに行きつく前にアメリカ株投資に手を出しており、
当時有名なスキームだった野村証券のUSMMF→シティバンクへ無料送金→海外証券会社へ
という手数料が最も安いパターンを利用していて、外貨MMFを結構な割合で保有していました。

昨今の円安で結構な利益が出ていたため、税金を取られる前に売却してしまおうと考え、
タイミングを狙っていましたが、ここ数日120円を超えたため見切りをつけて売却しました。
それでもまだ資産の3割近くが外貨なので、これ以上に円安が進んでも恩恵は受けれるはずです。
売却してできた資金はリバランスのため、ポートフォリオを見直してしかるべき資産クラスの
インデックスファンドを買うか、ある程度まとまった額ですので、
再びドルを買って海外ETFでもよいかと思っています。
(2017年07月04日追記)

当時のレートは1ドル120円台程度、今現在は1ドル113円台となっており、結局その後2年以上にわたって120円台に乗る事は1度もなかった。結果論になってしまうが、このタイミングでの外貨MMFの売却はベストな選択だ立ったと思う。
その後、日銀はマイナス金利政策に移行したのとは対照的に、アメリカは2017年に入ってから0金利政策をを解除しているが、円安傾向にはなっていない。つくづく為替レートを読むのは難しいと実感。