こいつを首にできないなら俺が辞めてやる(日本企業が駄目な訳)

仕事のできない部下

私が管理する部下の中にとてつもなく仕事のできない奴がいます。あまりにも仕事が出来ないため安心して仕事を回す事が出来ず、その部下がやった仕事をチェックするためにもう一人部下をつけなければならない始末。
当然作業効率はマイナスとなり、本当は仕事を回さずにじっと座っているだけにしてほしいのですが、仕事を回さない事や雑用のみの仕事だけさせるとパワハラに当たるため上長からは仕事を回すように言われ、板挟み。
出来る限り能力に見合う仕事を与えようと四苦八苦するのですが、そんなうまい仕事もなく、その事を考えるために私の時間が取られて効率ダウン、フォローする別の部下の手間で効率ダウン、フォローした部下のモチベーションダウンで効率ダウンのいい事なしです。加えてその部下も1人分の働きをする物として部署目標も設定されるため、非常につらい。当の本人はすまなそうにするわけでもなく、1人前に働いているつもりなのがまた腹が立つ。

ひとたび人を雇うと解雇できない日本の法律

仕事が出来ない社員にはとっとと辞めてもらうのが良いのですが、日本の雇用制度では、仕事が出来ないという理由では辞めさせる事が出来ず、本人が犯罪を犯すか、会社がつぶれそうにでもならない限りは解雇できない事になっています。
この雇用制度のおかげで、企業は不景気の際に整理解雇で固定費を調整できないため、人手不足の時に人を雇う事に及び腰で、残業によって乗り切ろうとしますので、長時間残業が横行する原因になっています。また、企業が雇用に慎重になるという事は、仕事を辞めてもなかなか雇ってもらえないという事ですので、自分の会社が不満でもすぐに辞めることは出来ず不満を持ちながらしぶしぶ働くという事にもなります。
また、人が余っていても解雇できませんので、社内で出来る仕事が無い人は社内失業状態となり会社の業績に寄与しないならまだしも、マイナス要因となり、本人も居心地の悪さを感じつつも転職環境の悪さから会社を辞める事が出来ません。会社は会社で本気で辞めてもらいたい人がいた場合、いじめや無理な転勤、追い出し部屋など、辞めさせる手段は非常にグレーで陰湿な物になります。

今や雇用者を守るはずの解雇規制が雇用主、雇用者双方にとってメリットになっていないのが現状です。

日本企業の生産性の悪さは、経営陣が悪いという事ばかりクローズアップされますが、この解雇規制も大きなファクターになっている事は間違いありません。あまりマスメディアで話題にならないのは、叩く対象が一般視聴者や読者なので受けが悪いからなのでしょう。

真の意味での同一労働同一賃金を実現して欲しい

同一労働同一賃金という言葉は非正規労働者も正社員と同じ仕事をしているなら同じ賃金にするという意味ですが、企業が払える給料の総額は決まっていますので、現状のままでは無理でしょう。
これに対応するためには、解雇規制をなくし、正社員、アルバイトの区別なく同じ待遇としていつでも首を斬れるようにして無駄な正社員に払っている賃金をアルバイトにまわすしかありません。というかそうなれば全員賃金の上がったアルバイトです。賃金差は正社員とアルバイトというような身分の差ではなく、純粋に仕事内容と、その人が会社にとってどれだけ必要のみで変わります。これを実現するためには、給料の後払いである年功序列や、退職金などの制度を止める必要もあります。

しかし、正社員という身分は既得権で、最大の抵抗勢力です。雇用規制があって喜んでいるのは、仕事は出来ないが正社員として会社に潜り込むことに成功した人、年功序列で能力に見合わない高給を貰っている人に加えて、賃金が安く抑えられている出来る社員も将来の不安から抵抗すると思われますので、すぐに雇用規制が撤廃されるとは思えません。こう言っていますが私ももしかしたら不当に高い賃金を貰っているかもしれませんので抵抗するでしょう。

しかし昨日のエントリでも書いたように日本はこのようにしてどんどん競争力が無くなって海外企業に負けて行くと思いますので、行く所まで行けば雇用規制もなくそうという動きになるのかもしれません。

私は雇用規制が無くなってアホな部下を解雇できるようになるまでとても待ってられませんので、ストレスで死ぬ前に自分を解雇したいと思います。

コメント

  1. 私は転勤を何回かして部下も300人以上と接してきましたが仕事ができない人はどこに行っても必ずいるんですよね。一般的にこちらが普通にこれぐらいはできるだろと思うことも全くできません。

    雇用形態は全員1年契約で仕事ができないやつは切れる体制がいいですね。

    • パンダック より:

      今の雇用形態は、明らかに労働者側に有利になりすぎている気がします。
      そしてそれを知ってか知らずか最大限に利用しようとする輩が多く、周りにも悪影響を与えてしまっているのが現状だと思います。